【タイムシェア】4歳と2歳の子供を連れてハワイのアウラニディズニーへ。その5

aurni, アウラニディズニー, ディズニーバケーション, ハワイ

皆さんこんにちは、マハロパパ船長です。

さて、チェクインをするまでに4回分の記事を使ってしまいました。

さて、いよいよアウラニ・ディズニー・リゾートで遊びます。

基本的にはプールで遊ぶリゾートです

ハワイと聞くと海で遊ぶイメージが多いかもしれませんが、アウラニ・ディズニー・リゾートはプールで遊ぶリゾートです。

流れるプール、子供用プール、じゃぶじゃぶ池など多彩なプールが準備されていて、本当に1才児にもなれば十分遊べる施設になっています。

エレベーターホールから見た子供用プール

子供用プールは浅瀬のプールに大きなジャングルジムのようなものが立っていて、大人でも結構楽しいです。

ちなみに2歳の息子は存分に遊んでいましたので、歩くことができるお子さんであれば十分楽しめると思います。

流れるプールは全長が結構長いので、浮き輪必須かなと。

雑に積まれた二人乗り浮き輪

大人用の大きな浮き輪は貸してもらえますが、子供用はないのでご注意を。

我が家は日本から浮き輪を買っていきました。

2歳の息子はカーズの浮き輪がお気に入りのようでした。

日本で買っていったカーズの浮き輪。他の写真は顔バッチリなのでこれで勘弁を。

これに乗ってくれてさえすれば、大人ものんびりできるのでおすすめです。

ただし、空気入れだけは忘れないようにね。

最初の年は空気入れ忘れて、口で膨らませたんだけど、それだけで体力限界でしたので。

一日中遊んでられますね。

ちなみに先の記事でも書いたように、プールでのタオルは無制限で借りられます。

ただ、リストバンドを付ける必要があるので、それだけ忘れないように。

ルームキーをタオルカウンターに持っていくと、リストバンドを巻いてくれます。

毎日色が違うので、それで滞在を判断しているのです。

日にちを重ねるごとにリストバンドが増えていきます笑

これが最終的には7本とかになる。

なお、DVCメンバーとビジター(ホテル滞在)でリストバンドの種類が違います。

DVCメンバーは上の写真のように「MEMBER」と書かれたキラキラのリストバンドです。

ビジターは蛍光のもうちょっとおしゃれな感じになります。

プールサイドはDVCの勧誘エリアが多数

プールは文句なく楽しいと思います。

もちろん、プライベートビーチもあるので海も楽しめます。

で、多分はじめての滞在で一番ビックリすのはDVCの勧誘でしょうね。

ここのプール、ライフガードがすごく多くて安心です。

でも、同じくらいディズニーバケーションクラブの勧誘営業がいます。

ショールームも用意してあるので、さっと見ることができるのもの特徴です。

殆どが日本人なので、気軽に話しかけやすいです。

で、気さくに話しかけられたところに乗じて、説明会への勧誘をしてきます。

かなり巧みにやってくるので、そんなに嫌な感じはしませんが、やはり嫌いな人も多いと思います。

あえて言うなら、これがコオリナアウラニ・ディズニー・リゾートの弱点(デメリット)です。

バケーションクラブの説明会場

説明会に参加するだけで、リゾートバウチャーなどもらえたりするのでメリットももちろんありあすが、貴重な旅行の時間を割くかどうかは要検討ですね。

我が家は日本人女性のトークにやられて最終日に説明会を受けて、その後ホノルル滞在中に検討し、帰国日に購入手続きをしました。

プールの雰囲気が分かる写真を何枚か

とにかく、プールはきれいだし種類も多いし、飽きないです。

何枚か雰囲気がわかる写真を載せて今回は締めたいと思います。

次回はキャラクターについて書きますのでお楽しみに。

奥の屋根のところはバー&レストランです。

たぶん、一番深いプール。海を借景として使っています。
流れるプールの溶岩エリア。ブクブク&小さな滝で子供大喜び。
こんな感じでプールサイドにミッキーが来て、イベントが始まることも。

あれ、このミッキーの顔。

この前発表された東京ディズニーリゾートのミッキーの顔に似てる??

気のせいかな?

イベント中はプールかも陸からも見れます。

ちなみに日本みたいに並ぶことはないです。

ゲリラ的に始まるので、そこに人が集まっている感じ。

陸の上は人が多いように見えますが、これみんな、イベントに参加している子供。

見ているのはプール側の人なので、いかに空いているかがわかります。

でも、パーティーみたいで盛り上がってたよ。

さ、次回はキャラグリです。

おすすめの記事(Mahalo-Baby Group)