会社員が株式投資を始めるまでに考えるべき3つのポイント

投資, 株式投資

みなさんこんにちは、マハロパパ船長です。

今回の記事は私の備忘録的な感じですのでスルーしていただいても結構な内容になっています。

私、大学卒業後に何度も株式投資にチャレンジしようと考えました。

が、その都度、口座開設をしてちょろちょろっと取引しては挫折をしてきた経験があります。

では、どうしたらきちんと投資家として活動できるのか?

実は投資を始めるまでの思考プロセスや行動が非常に重要なのです。

今回はこのことについてまとめていきます。

まずは自分の投資スタイルを明確にすること

株式投資を始めようと思うサラリーマンやOLの方は、

≪ちょっとお小遣いを稼ぎたい≫

≪株で大儲けして会社を辞めたい≫

こんなことを考えている人が多いと思います。

まず、この思考が間違えです。

株式投資は仕事ですので、確かにお金を稼げることはできますが、

簡単で手軽にできるものではないということを最初に理解すべきです。

専業投資家と兼業投資家(掛け持ち)という言葉があることすら知らずに手を出す人がほとんどだと思います。

株式投資を仕事の一環として取り組むのであれば、自分自身が専業でやっていくことを目標としているのか、

それとも会社員と並行しながら兼業投資家として活動するのかをまず明確に決めるべきだと思います。

なぜかというと、これによって勉強すべき投資スタイルの大きく変わってくるからです。

私は当初、株式投資=デイトレードのイメージを持っていましたが、当然これは会社員をやりながらできません。

そこで兼業投資家として活動することを決めたのち、スイングトレードという手法に出会いました。

ここからスイングトレードに関する様々な勉強をすることで利益が出せるようになったというわけです。

この投資スタイルが決まらないうちは、勉強もできないのでちょろちょろっと投資をしては損して退場するのが関の山ということになります。

株式投資の前に勉強に投資をすること

本を数冊読んだだけで株式投資で成功できると思ったら大間違いだと思います。

そんなんで利益が出せるのであれば、世界中の全員がお金持ちになるのも夢ではありません。

マジで楽して稼げるものではないので、そのように考えている時点でやらないほうがいいです。

株式投資は利益が出せる仕事である反面、退場者が多いのも事実。

それは生半端な気持ちで取り組む人が多いからだと思います。

私も過去、本を数冊読んでわかった気になり株式投資にチャレンジしたことがありますが当然うまくいきません。

が、本気で取り組もうと考えた2年前くらいからはかなりの金額を勉強にかけてきました。

金額でいうと数十万円です。

もちろん、身になるもの、そうでないものもありましたが、情報を取捨選択できるようになったという意味ではよい投資であったと思います。

ちなみに誤解の内容に言いますが、お金をかければよいというわけではありません。

よい教材に出会う運も必要ですし、情報を整理する力も必要です。

ちなみにこれだけお金をかけてきましたが、私が現在行っている投資スタイルに最も影響を及ぼしているのは以下の2冊です。

 


1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術
1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術 Kindle版

 


オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)
オニールの成長株発掘法 【第4版】 Kindle版

 

この2冊はこれからサラリーマンで株式投資を始める初心者の方は「黙って読め」レベルの本です。

もちろん、これ以外にもたくさんの本を読み今があるわけですがとりわけ大きく影響しているのは上記2冊です。

余談ですが、高値ブレイク投資術は最初kindleで購入し読んでいましたが、DUKE。さんのセミナーに行ったときサイン本を買ってしまいましたw

※いつも言うように私はkindleをお勧めしています。端末だけでなく携帯でも読めるのでサラリーマンには嬉しいです。

スイングトレードから中長期トレードをメインにするとデイトレードとは違うテクニックや考え方が必要になります。

様々な本を読み、まずは自分に合った投資方法を探すことが重要です。

仕事と投資活動を切り離すメンタルを育むこと

会社員をしながら投資家として活動を始めると四六時中株価が気になる病にかかります。

これが非常に厄介です。ほぼ全員かかる病気です。

昼間メインである仕事に手がつかなくなり何もかも中途半端になる可能性があります。

まさに日本のことわざ「二兎と追うものは一兎を得ず」状態になりすべてがうまくいきません。

まずは昼間の仕事と、株式投資を切り離すメンタルを育てる必要があります。

もちろん、スタイルによってはトイレにこもって投資をするのもいいでしょうがお勧めはしません。

これまた勉強とつながるのですが、昼間株価を見なくても投資活動ができるようになることを私はお勧めします。

ちなみに私はほとんど日中株価は見ません。
(applewatchで日経平均を表示しているくらいです)

それでも成果が出るのはこれまでの試行錯誤があったからこそです。

余談ですが、投資をはじめて数か月はデイトレのごとく日中もトレードしていました。

その結果、損切も多くメンタルもかなりしんどかったです。

今は利益が出ているのでメンタル的にも落ち着いています。

繰り返しますが、投資を初めて数か月で日中の仕事と株式投資を切り離すメンタルを育てることをお勧めします。

 

いかがでしょうか。

もちろんこれだけではありませんが、お酒に酔った勢いで感じていることを思いのままに書いてみました。

過去、何度もチャレンジしては失敗し退場というか自然消滅してきた株式投資。

今、比較的楽しく成果を出せているのはこのようなことを考えてきたからだと思います。

私は特定の師匠についたり、ネットでイナゴ活動的なことはしません。

モデルはあるにしても、ほとんど自己流で普段は行動をしています。

いずれ、このあたりのことも書いていければいいですね。

さ、書きたいことを書いたので寝ます。

次回もよろしくお願いします!

おすすめの記事(Mahalo-Baby Group)