【30代転職のすすめ】わが社に来てくださいと言わせなさい。

転職

みなさんこんにちは、マハロパパ船長です。

普段、株式日記や自転車、ディズニー(舞浜)のことばかり書いていますが、

私の本業は会社員であり、採用や人材育成にも携わっています。

そんな私ですが、実は転職をしながらキャリアを積み上げるという珍しい人種です。

そんな転職経験豊富(いいのか?)の私が考える転職成功の秘訣をまとめていきます。

30代の転職は絶好のチャンス

転職経験のある人、ない人さまざまな人がいると思います。

当然、転職に対するイメージも人それぞれですよね?

もし、現状の自分自身に満足していない人は転職してみてはいかがでしょうか?

実は以前こちらの記事で書いたジョブチェンジ(キャリアチェンジ)のチャンスは30代前半と言われています。

30歳でジョブチェンジを成功させる3つのポイント

そのため、この機会を逃すと会社員でいる限りずーっと同じような仕事を繰り返すことになるんです。

さらに、30代の転職では役職や収入アップを狙えることが多いです。

そんな私も30歳の時にした転職で年収2倍にアップさせました。

これは、20代の経験を欲している企業があなたにオファーを出すからです。

つまりあなたのことを欲しい企業に転職することで年収アップが実現できるんですね。

これは、20代ではなかなかできないものです。

ということもあり、私自身は転職することを勧めています。

自ら求人サイトをみて応募するのは絶対にNG

リ〇ナビNextやマイ〇ビ転職などを敵に回すようなことを言いますが、いわゆる転職サイトは絶対に使いません。

むしろ、使っちゃダメ(‘ω’乂)<NO

私も使ったことがありますが、年収アップはおろか、いわゆるブラック企業に当たるケースも珍しくありません。

先ほども記した通り、30代の転職で大事なことは、自分がどの会社に行きたいのかではなく、あなたを欲している会社に就職することです。

これ、すごく大事なことなので何度でもいいますよ。

あなたのことを欲しい会社に転職してください(`・ω・´)キリッ ← テストでるよ。

ということを考えると、自分で求人情報を見てエントリーするなんて持っての他なわけです。

あのサイトは、企業が求人票の表示枠を買います。

上位に表示したければ、オプション料金などを出して求人票のアクセス数を上げて求職者を募ります。

そして応募してきたたくさんの人の中から選考をするわけです。

どう考えても企業主体の人材確保手段ですよね。

しかも、求職者は「この会社に入りたい」と思って応募するわけなので、給与交渉も強気に出れない(むしろできない?)わけです。

こんな転職で自分の思う環境を得ることができるわけがありません。

大事なのは自分を見つけてもらうこと

じゃあ、どうしたらいいの?ってなるわけです。

大事なのは自分を見つけてもらうことです。

私はこんな経験を持っています!という看板を掲げて企業から声をかけてもらうのが大事ですね。

これ、インターネットを使えばいとも簡単にできるのです。

いまだに私のもとには毎週数件のオファーが届いています(無視しているけどw)

さっき、ちょっと出したリクルートホールディングスのある企業からも先日オファーをいただきました。

その方法はとっても簡単。

必要なのは転職エージェントと面談をして登録することです。

企業は自ら欲しい人材を探すことはありません。

大抵、転職エージェント(ヘッドハンターですな)に依頼をして希望の条件にあう人を転職市場から探します。

この転職エージェントに複数登録(というかお会いする)ことで幅はぐっと広がります。

もちろん、エージェントから紹介された案件が気に入らなければ断ればいいだけです。

企業は自分たちが欲しい人材(欲しいポジション)の人を連れてきてくれるわけですから面接も強気には出られません。

希望の年収や条件を伝えたうえで、そうほう利害関係が一致すれば転職をすればいいだけ。

両社にとってメリットのある転職の完成です。

これで希望の年収も勤務条件もゲットできるというわけです。

 

転職回数が多いことに対して様々な意見があります。

私自身もよい面と悪い面を感じているのは事実です。

ただ、どうせ転職するならぜひ、幸せな転職をしてくださいね!

おすすめの記事(Mahalo-Baby Group)