30歳でジョブチェンジを成功させる3つのポイント

ジョブチェンジ, 転職

みなさんこんにちは、マハロパパ船長です。

最近また面接ラッシュで面倒な日々を送っています。

さて、そんな中で採用してもいいかなという人が来たのでまとめたいと思います。

タイトルにもある通りジョブチェンジを狙っての求職者でした。

あまり大きすぎるジョブチェンジは狙わないこと

ジョブチェンジというのは、会社を変えるだけの転職ではなくて、職種まで変えてしまう転職を指します。

20代の時は珍しくないかもしれませんが、30代に入るとある程度の即戦力が求められますのであまり好ましくないです。

そんな中でもジョブチェンジを成功させる人がいるのも事実。

もし、ジョブチェンジをしたいと思っているのであれば大きすぎるジョブチェンジを狙わないことです。

例えば、営業職だったのに未経験でいきなり経理を希望するとか。

大工や鳶などの職人職からいきなり人事労務を希望するとかです。

夢を持つのはいいですが、ある程度社会人を経験した後に大きなジョブチェンジを成功させるのは相当な運が必要です。

もしくは、よっぽどブラックな企業で人手が足りないから、捨て駒として採用されるかですね。

現実的なとこでいうと、接客業から営業職や、総務から人事などある程度カテゴリが近いことや共通点があるジョブチェンジを狙うのがいいでしょう。

もし、自分でよくわからない場合は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

実際にお金もかからないですし、それなりにこれまでの経緯の棚卸をしてくれてジョブチェンジの相談にも乗ってくれます。

同じ業界内で転職すること

ちなみに大きなジョブチェンジでも成功する可能性がある場合もあります。

それは職種ではなく、業界知識を活かして転職する場合です。

例えば、ホテル業界に勤めていて現在は宿泊関連業務であると。

ただ、将来的なことを考えジョブチェンジをしたいけど今の会社ではできないというときに、ほかの会社に転職してジョブチェンジをするという方法です。

これも案外成功率が高いです。

なぜかというと、業界の基礎知識はりますので職種に関するトレーニングを積めば戦力になるからです。

明確なキャリアステップのビジョンを語れること

これまで書いた2つのポイントがどちらもダメという方。

要は、大きなジョブチェンジを狙っていて、さらには業界を変えたいという方はそれなりの覚悟が必要です。

ただし、覚悟だけではだめで明確なキャリアビジョンを作り語れるようにすることがポイントだと思います。

数年後のなりたい自分を作り、そこから逆算すると今の段階でジョブチェンジをしなくてはいけないということを説明する方法です。

例えば、飲食店の店長をやっている人がMRの営業を目指す場合はこのようなストーリーを立てます。

「将来、会社を経営したいと考えている。人材の管理はやってきたが肝心な営業スキルが全くないので、
今のうちに営業の基礎を身につけたい。どうせやるなら、難しいといわれているMRにチャレンジしたい」

というような感じです。

相当難しいですし、よっぽどでない限り面接官も合格はくれません。

ただ、可能性がゼロでない限りはチャレンジしてみるのもいいかと思います。

これについても、先に述べたような転職エージェントと話しながら作ることをお勧めします。

私自身も何度か、この方法を使って転職してきました。

その時も大手ではありませんが、小さな会社の転職エージェントと話しながらストーリーを作ったことを覚えています。

 

転職は本当に奥が深いです。

皆さんの転職が成功することを祈っています。

おすすめの記事(Mahalo-Baby Group)