自転車の空気入れって1種類じゃないの?クラスバイクの空気調整。

メンテナンス, 自転車, 自転車通勤

みなさんこんにちは。マハロパパです。

30代に入り、お腹のたるみが気になりはじめた今日この頃。

運動するにもなかなか時間も取れず(いい訳ですが。。。)、

困り果てていた矢先、なんと勤務地が横浜から東京に変わるとのお達しが!

これはいい機会と思い、自転車通勤を思い立ちました。

1年以上放置したクロスバイクをメンテナンス

さて、自転車通勤するにも肝心の自転車がないと始まらない。

そんな訳で、数年前に妻が購入し、借りパクしたクロスバイクを整備します。

1年くらい前に途中駅まで自転車で通っていたのですが、交通量の多い都内でのストレスに負け、

結局使っていませんでした。マンションの駐輪場にずっと放置していたLouis Garneauと再会です。

当然、埃だらけw

タイヤはベコベコで空気が抜けた状態…

このままでは使うことができません。

細かな整備は改めてするとして、とりあえず空気だけは入れようと思い立ちました。

空気入れには米国式と英国式の2種類ある?

私の住んでいるマンションにはご丁寧に空気入れが用意されています。

いわゆる一般的なクリップを使ったタイプと、そうでないタイプですね。(うまく説明できない)

説明書きをみるとどうやら、英国式と米国式というらしいです。

どちらでも使える訳ではなくて、自転車の空気入れの形状によって選ばないといけないみたい。

どう見てもわたしのクロスバイクはクリップ式の方ではないので、もう一つの米国式という方を使ってみました。

キャップを外して、説明書きの通りセッティングをして、準備完了!

シュッシュっと空気を入れるも、なんだかスカスカして入っている気がしない。

10分くらい頑張った結果、全く空気は入らず結局諦めてしまいました。

なんと3種類目の空気入れがあることに気づきました!!

仕方なく、自転車をラックに戻して家に戻りました。

そういえば、何度に昔買った空気入れがあるなと思い立ち見に行くと、

仏式!!!!!!!

なにそれ、そんなのがあるの???

ということで、この空気入れをもってもう一度駐輪場へ。

さっきの米国式と同じ要領でセットをして空気を入れてみたこところ、

あっという間にタイヤはパンパンに。

どうやら、根本的に間違えていたようです。

まぁ、自転車初心者ですがこれくらいのことは知っておきたいですね。

今後も自転車通勤をする上で便利な情報があったらアップしていきたいと思います。

おすすめの記事(Mahalo-Baby Group)